ニキビへの理解を深めよう!

私とニキビとの付き合いは学生時代からです。
中学生になるまでトラブル知らずの肌だったのですが、思春期のホルモンバランスの不安定、環境の変化などによるものか顔にニキビが出始めました。


その頃使っていた化粧水にかぶれたりもして、湿疹も併発していたので顔はニキビに加えて真っ赤で皮がむけてひどい状態でした。皮膚科でもらった薬を塗り続けていると湿疹は治りましたが、ニキビは一向になくなりません。

脱毛の口コミ広場

そこで、肌につけるものでニキビに効果のあるものはないかと、洗顔料や化粧水、美容液やクリームなどのジプシーを続けました。

評判の良いものをいくつも試してみたのですが、美容液をつけてもすぐに乾いてしまったり、逆に脂っぽくなって白ニキビが増えたり、ニキビケアのクリームを塗っても、治ったと思ったらまた出てきてしまう、そんなことの繰り返しでした。ニキビ跡で肌もくすみ、メイクをしてもカバーしきれません。


毎日が本当に憂鬱でした。試行錯誤の末に私が辿り着いた方法は、本当に自分の肌に合った美容液のみを使ったシンプルケアでした。
ポイントは「足さないこと」。

シンプルな洗顔石鹸を使って洗顔(ぬるま湯で2回洗います)した後、肌本来の力を引き出してくれる自然な美容液をつけるだけです。


この美容液が私の肌に合っていたということもあるのでしょうが、ニキビ跡のくすみはなくなり、肌がきめ細かくなってきました。ニキビの量もかなり減りました。

この洗顔法とスキンケアは今でも続けています。
しかししばらくして、またニキビが増え始めました。どうも身体の中に問題があるようで、漢方薬局で体質チェックをしてもらい、私は代謝が悪く毒素がたまりやすい身体であることを知りました。

体質を改善してデトックスしやすい体にするために、オーダーメイドで処方してもらった漢方薬を飲み続けていたら、だいぶ改善されました。



事情により最近は飲むのを止めていましたが、そろそろ再開するところです。

ニキビの原因には外部からのものと内部からのものがありますので、ニキビに悩んでいる人は両方の面からケアをすると良いと思います。